テーマ:きもの

今年も残すところ一月を・・・

師走の第1週目も過ぎて、どんどん押し詰まってきますね。 出足が暖かかったせいか「大掃除」という言葉にドキッとしました。 年末年始はお着物の出番が多い時期でもありますね。 お召しになる前に点検といいますか、チェックしておくといいですね。 雨が降ったら・・・シュミレーションも大切です。 本日伺った酒蔵で、昔の婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

2014年もすでに一週間。 お仕事も始まり正月気分も抜けてきた頃でしょうか。 お正月に着物を着た方、多かったのでしょうね。 紅やでも新年会を開きました。 着物姿が集まると一層華やかになりますね。 今年はイベントにも力を入れたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月最終日

酷暑の夏にへとへとになりました。 秋になったのに気温が高くて、うっかりしている間にあさってから11月になるそうです。 一年の流れの速さにびっくりしています。 おとといからこたつや湯たんぽを取り出して冬支度を始めました。 川縁を行くと桜が赤く色づき始め、春の様子を思い起こさせます。 花の盛りにまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの産着を縫い直した者です。 かわいいですね。 ディスプレイ用で着用ではありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単の季節

すっかりご無沙汰しております。 とても厳しい夏を通り越し、ちょっと一息と言いたいところです。 現実は台風や突風大雨でハラハラしています。 気を取り直して、これからの紅葉を思い浮かべ単の季節も楽しんでいきたいものですね。 一年を通して四季の移り変わりのある日本です。 衣類も季節に合わせて厚くなったり薄くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣替え 2

押し入れの入れ替えが終わったら、絽の長襦袢が5枚と、絽紗の長襦袢が2枚出てきました。 よく着る絽紗の長襦袢に絽の半衿を付けました。 もう一枚には麻の半衿を。 絽の襦袢にはビーズの半衿を付け、もう一枚には駒絽を付けました。 後の一枚はまた時間のある時に。 礼装用の二枚の絽の襦袢は着る予定はないのですが薄汚れていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣替え 1

昼間は暑かったり、夜は涼しい・・・ 気紛れなお天気が続きますね。 着物の季節も動いています。 五月は下着がひとえになります。 現代の気候でしたらそろそろ長着もひとえにしてよさそうですね。 そこで衣替え。 押し入れから夏物を取り出します。 桐の衣裳箱に入れていますので結構な運動量です。 袷の着物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご卒園・ご卒業

早いもので1月も終盤。 卒園式や卒業式のお支度のご予約が入り始めています。 ふだん身につけない和服というものに袖を通すというのは少し勇気がいるかもしれません。 でも、日本の民族衣装として伝わってきました。 私にとっては「民族衣装」というのは大げさのように感じています。 古来日本人はハレとケを大切にしてきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣替え

少し季節が早いのですが、来月の結婚式に着ていく着物の相談が来たので衣替えをしました。 袷の着物はやっぱり嬉しくて。 きものがたくさん着られる季節が来るんだわって。 今年はどんなところに行けるかな・・・ どんな方とお会いできるかな? 大好きな黄八丈、あまり着る機会のない訪問着・・・ ウールに小紋・・・また会えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の着物

暑い日が続いています。 夏の着物と言えばゆかたです。 夏祭りもたけなわで、もうお召しになった方も多いと思います。 が、今日から8月。 暦上、ゆかたを着ることができるのはあとひと月。 まだ着てない方はどんどん着ましょう。 ゆかたの他にこの季節の着物は、絽や紗、麻などがあります。 軽くて涼しい。 日本の風土に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷えますね

桜が終わり、新緑の季節になりますが、今日は冷えています。 でも、陽射しは一杯で紫外線が強そうです。 さて、この季節はきものの世界では夏物の準備を始めたいと思います。 そう、ゆかたの支度です。 新調する方は反物を選んでくださいね。 仕立てるのに少々時間がかかります。 そして立て込んできますので早くご依頼お願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のためのきもの

仕事柄、きものをよく着ます。 今日は、どんな集まりかな? 誰と会うのかな? 季節は? 天気は? TPOを押さえて着回しや着物の状態などを考えながら、その日何を着ようか決めます。 最近の楽しみは自分のためのきもの。 どこにも出かけなくても、掃除洗濯炊事をするときにもきものと一緒。 母のお下がりや、縁あって紅やに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の半衿

母が遺したきものを受け継いだ。 母は人生の前半を着物で過ごしていたのではないかな。 私は子どもの頃は母に着物を着せてもらっていました。 まだ、当たり前にきものを着ていた時代だったのでしょう。 母が亡くなってしばらく時が過ぎた今、やっと母のきものに袖を通す気持ちになった。 今日は母の長じゅばんを着ることにした。譲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きものを着たい

桜が咲いて夙川は賑やかな日が続いています。 季節の花を身にまとうのは野暮といわれていました。 季節を先取りし、季節に先んじるその心をよしとする それは凛とした日本の心・・・ でも、温暖化したこの日本で季節の花を身にまとうのは自然なように感じます。 寒い寒いと思っていたら梅が過ぎコブシは開き過ぎていた。 待ちかねて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお客様

今年の卒園式にきものを着たいと予約をくださった方が打ち合わせに来てくれた。 少し時間があったので紅やにある着物を当ててみてもらった。 赤い鮫小紋・綸子の紫の梅柄・ピンクの小花の小紋・緑の綸子・薄い黄色の小紋・・・ どんな色が似合うかな? どんな時にどんなきものを着たらいいか? そんなお話をしているときりがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪です

寒いですね。 朝から雪です。 天気予報通りです。 家々の屋根が白く雪化粧されて、違う世界にいるようです。 こんな日は絣の着物を着て散歩もいいですね。 濡れると困るからウールのアンサンブルもいいかも。 手袋と大判のストールは必需品ですね。 裏起毛の足袋やネルの裾よけも強い味方ですね。 足元は雨用の草履。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小袖

今年の大河ドラマで戦国時代の姫たちを取り上げている。 関連番組で姫の小袖を復元した衣裳を女優さんが来ていた。 へえ、6枚も着るんだ。知らなかった。 対丈の細帯というイメージしかありませんでした。 どなたか詳しい方教えてください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽がきれい

西に沈む夕日が見えます。 朱に染まる夕陽。 美しいです。 紅やは東南西の眺望に優れています。 日々の自然の美しさに感謝です!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めまして紅です

初めまして紅と申します。 関西の小さな町で着付け師をしています。 四人姉妹の美しい生活を描いた「細雪」の舞台でもあるこの地で、桜とともに着物の歳時記をお伝えしたいと思います。 ぜひお立ち寄りください。 2月になりました。 今年は豪雪で雪国は大変な状況になっているようです。 ニュースの画面を見ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more